国の定める省エネ基準を超えた、高性能住宅をご提案。

新潟の過酷の気候でも、省エネで、暖かい家に住みたい。
ハーバーハウスは家計にも環境にも優しい、高気密・高断熱の住宅をご提案いたします。


値上がりしている光熱費。なんとか抑えるには?

電気、ガス、水道など、暮らしに不可欠なエネルギーには“光熱費”がかかります。 しかし、年々値上がりしている光熱費。頭を抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
「なくすわけにはいかないけれど、なんとか安くすませたい」というのが本音ですよね。

メインキャッチ

しかし、夏は暑く、冬は凍える寒さの新潟県。そのうえ湿気も多く、年間を通して冷暖房費がかかります。 特に冬場は、秋口に比べて光熱費が1.7倍になるという統計データも出ているほど、人にとっても家計にとっても厳しい気候といえるのです。

一般家庭の電気料金の推移

"快適に暮らせるけれど、光熱費は抑えられる。" 今、そんな住宅が求められてます。

電気料金の比較
ハーバーハウスなら1ヶ月あたり5,160円もお得!!

上記のグラフは、国の定める「H28省エネ基準」住宅と弊社の「EXY(Gグレード)」の光熱費を月別に比べたものです。 比較してみると、ハーバーハウスの住宅は、H28省エネ基準の住宅より光熱費が安く抑えられることが分かります。 その差は月間でおよそ5,160円、年間ではなんと61,920円にもなります。 家族サービスの温泉旅行に行ける!?それくらい大きな金額の差ですね。
では、なぜこれほど光熱費が抑えられるのでしょうか? その答えは「住宅性能」にあります。


住宅性能が高ければ、光熱費は安くなる。

こちらはUA値(外皮平均熱貫流率)と呼ばれる値について、ハーバーハウスの住宅と、H28省エネ基準の住宅を比較したものです。

H28省エネ基準
ハーバーハウスのEXY(Gグレード)

UA値は、値が小さいほど省エネ性能が高い住宅であることを示します。 H28省エネ基準が0.87であるのに対し、ハーバーハウスの人気プラン「EXY(Gグレード)」は0.55。なんとその差は0.32! 暑さ・寒さに強い、高断熱の住宅であることが一目瞭然です。
さらに、住宅性能を高めるための仕様も充実しています。

  H28省エネ基準住宅 EXY(Gグレード)
断熱材 グラスウール 発泡ウレタン吹付け
サッシ 金属+ペアガラス アルミ樹脂複合+ペアガラス
給湯機 ガス給湯機 エコキュート(オール電化)

「EXY(Gグレード)」では、家中すっぽりと覆う人気の断熱材、発泡ウレタン吹付けを標準装備。 さらに、熱の伝わりにくい樹脂素材を使用したサッシも採用しているので、気密・断熱性能には自信があります。 また、生活に欠かせない給湯器も、オール電化のエコキュートを標準仕様でご提供しております。

発泡ウレタン吹付け

発泡ウレタンの断熱材。現場で直接吹き付けるため、すき間なく家中を覆うことができます。

だから、ハーバーハウスの高性能住宅は、
エアコン等の使用による光熱費を抑えられるのです。


こんなに快適!ハーバーハウスの高性能住宅。

光熱費を抑えることはもちろん、高性能住宅の暮らしはこんなに快適です。

室内の温度がほぼ一定

冬、お風呂の脱衣室で、寒い思いをしていませんか? 高気密・高断熱の住宅なら、家中の温度がほぼ一定だから快適です。さらに、寒暖差によって心筋梗塞や脳卒中を引き起こす「ヒートショック」からも、ご家族を守ります。

家中の温度がほぼ一定
足元もあたたか

冬場の暖房中、足下は冷たいのに顔は火照っている、そんな経験はありませんか? 高気密・高断熱の住宅なら、室内上下の温度差が少なく、足下もあたたかです。

室内上下の温度差がなくなり快適
窓からの冷気を入れない

寒い日に窓のそばへ行くと、ひんやり冷気を感じますよね。窓からの冷気は下降気流を起こし、部屋全体に広がります。 高断熱複層ガラスの住宅なら、冷気の流入が少ないので冬でも快適です。

ゾーン比較
結露・カビ・ダニを防ぐ

暖かい部屋で、冷たいビールを注ぐと、グラスに水滴がつきますよね。これが結露です。温かい湿った空気が急に冷やされると、空気に含まれる湿気が水滴になるのです。
ハーバーハウスの高性能住宅なら、冬期も壁面や窓面の表面温度が高くなるため、結露しにくく、有害なカビやダニの発生を防ぎます。

高気密高断熱住宅は結露しにくい
基礎パッキング工法だから丈夫で長持ち!

ハーバーハウスは、床下の換気を促す「基礎パッキング工法」を採用しております。
床下の換気性能を大幅にアップすることで、結露やカビを発生しにくくするとともに、土台を基礎から離すことで、土台の腐敗を防ぎます。

基礎パッキング工法
従来との換気性能の比較

シックハウス対策(全モデル/全棟標準)

内装建材にはホルムアルデヒドの放散量の最も少ない、F☆☆☆☆(フォースター)の建材を使用し、シックハウスに強い健康住宅を実現しています。

建築材料の区分 ホルムアルデヒドの発散 JIS、JASなどの表示記号 内装仕上げの制限
建築基準法の規制対象外 放散速度
5μg/uh以下
F☆☆☆☆ 制限なしに使える
第3種ホルムアルデヒド発散建築材料 放散速度
5〜20μg/uh以下
F☆☆☆ 使用面積が制限される
第2種ホルムアルデヒド発散建築材料 放散速度
20〜120μg/uh以下
F☆☆ 使用面積が制限される
第1種ホルムアルデヒド発散建築材料 放散速度
120μg/uhを超える
旧E2、FC2または表示なし 使用禁止