選ぶ理由

性能もデザインも妥協したくない家族のための究極のカタチ

省エネ型住宅1,000棟の実績だからできる
トップクラスのZEH住宅

冬は暖かく、夏は涼しく。それでも光熱費は抑えて家計にやさしく。そんなご要望を叶えるため、ハーバーハウスのZEH住宅「ABITH(アビス)」ではUA値(断熱性能)0.28以下、C値(気密性能)1.0以下というトップクラスの性能を実現しました。

さらに、過去1,000棟以上の省エネ住宅を完全自由設計で施工した経験を活かし、ZEH住宅においてもお客様の要望を叶える自由設計でご提供いたします。住宅性能×自由デザイン設計・・・。

それがハーバーハウスのZEH住宅の特徴です。

ZEH住宅1

震災・停電。その時、家族をしっかり守れる住宅であること

ZEH住宅2

太陽光発電システムと蓄電池
もしものときに家族を守れる安心感が違います

太陽光による発電とその蓄電は、毎日の電気をまかなうためだけのものではありません。冷暖房、照明、調理、携帯電話の充電・・・電気さえ使えれば、と不安な思いをしないための備えでもあるのです。雪国新潟で万が一のことがあったとき、大事なのは家族を守れる住宅であること。オール電化ならなおさらです。

そのためにハーバーハウスのZEH住宅「ABITH(アビス)」では高性能な蓄電池を備えています。

冬場の死亡率は交通事故の4倍。ヒートショック対策にも

室内温度差による命の危険を防ぐ
高気密・高断熱の住宅

急激な温度の変化により血圧や脈拍が上昇することで、心筋梗塞や脳卒中を引き起こすヒートショック。その死亡率は交通事故の4倍にも及ぶとされています。特に冷え込む新潟の冬は、部屋の寒暖差が大きくなり、外にいるより危険、なんてことも。

そこでハーバーハウスのZEH住宅「ABITH(アビス)」では、専門スタッフの徹底した温熱計算による高気密・高断熱の住宅をご提案。外気に左右されず家ごとあたたかな温度を保つことで、光熱費を抑えるだけでなく、ご家族の命を守ります。

死亡率グラフ

※出典:東京都健康長寿医療センター研究所「高齢者の入浴中の急死に関する調査」2011年総務省統計局「平成23年中の交通事故死亡者数について」

万が一、家を売る時があったとしても・・・。

ZEH住宅イメージ

これからの基準はZEH住宅
だから将来のためにいい家を

お気に入りの家だって、手放さなければならないときもあります。そんなとき「高く売れる家」のほうがいいですよね。「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指すことが示されています。また、2016年からスタートした「建築物省エネルギー性能表示制度(通称:BELS)」で5段階表示がされるなど、住宅のランク付けが始まっています。

これからの新築住宅の基準はZEH住宅が一般的となるため、仮にリセールした場合、ZEH住宅ではない家の価格はかなり下がることが予想されます。

ZEH住宅を選ぶ理由の一つに「住宅の資産価値を上げたい」という方も全国的に増えてきているとのことです。ハーバーハウスのZEH住宅「ABITH(アビス)」のBELS評価はもちろん最高ランクの★★★★★5つ星です!

ZEH住宅を購入するなら高性能+自由設計+お手頃価格でお選び下さい

ABITHイメージ画像

推奨グレード価格
2,299万円~(税込)

※設計費・地盤改良・屋外給排水・外構・消費税など、すべて含めた金額が、「安心のコミコミ価格」です。

※エアコンはオプションになります。

ABITH(アビス)の資料請求はコチラから